宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッド

4・荒削り6・仕上げ削り

5・焼入れ

バンブーロッド製作工程・荒削り/10

焼き入れの準備として、バインダーで6本の小割をまとめます。止め糸は綿製の「水糸」です。巻き止めた時にねじれが出ないように止め糸のテンションを調節ながら「往復」して一体化するわけです。

↓↓↓

バンブーロッド製作工程・荒削り/小写真(1)バンブーロッド製作工程・荒削り/小写真(2)
バンブーロッド製作工程・荒削り/小写真(3)バンブーロッド製作工程・荒削り/小写真(4)

  1. ブランクの細い側の端に圧締コード(ちょっと見づらいですがブランクにかかった茶色のコードです)を1巻きしてから止め糸(白い糸)をブランクに結び止めて
  2. ハンドルを回してブランクを送ります。端まで送り終えたら止め糸を結び止めます。
  3. 2回目は圧締コードを反対(白い止め糸に対して)に1巻きして
  4. ハンドルを回してブランクを送ります。
↓↓↓

バンブーロッド製作工程・焼入れ/1

バインディングしたブランクを加熱器(オーブン)に入れて、約180度で8分間を目安(長さ/太さによって時間を加減します)にして焼き入れをします。途中、ブランクを回したり入れ替えたりして全体に均一に熱が加わるようにします。

この行程は水分をある程度取り除いて硬化させ、バンブーに「張り」を持たせます。また、バンブーの節間の「癖(曲がり)」を直す効果もあります。

↓↓↓

Index - Working Room

  1. スプリッティング
  2. 節合わせ
  3. 節の修正
  4. 荒削り
  5. 焼入れ
  6. 仕上げ削り
  7. 接着
  8. バインディング
  9. ブランク
  10. フェルール取付
  11. ネーム入れ
  12. グリップ
  13. ラッピング
  14. 塗装
  15. リールシート
  16. 付属品の製作

関連するページ:

特集・Bamboo Rod Making

7フィート3インチ・2ティップ・#3番ライン・3ピースのバンブーロッド制作をできるだけ詳細に取りあげています。

  1. スプリッティング - はじめに
  2. スプリッティング - 詳細

Maiking "Sonata" 6' 11" / #3

6フィート11インチ・#3番ラインのモデル:ソナタの製作スナップのアルバムです。

モデル:ソナタの製作スナップの小画像

  1. Making Sonata6113

このぺーじについて

Prime Time Logo