宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッド

3・節合わせ5・焼入れ

4・荒削り

バンブーロッド製作工程・荒削り/5
バンブーロッド製作工程・荒削り/6バンブーロッド製作工程・荒削り/7

ここでまず「三角形」の一辺を鉋で削り出します。小写真(1)のように表皮を基準に荒削り用の木製削り台に乗せて荒削り用鉋で約60度の角度(小写真(2)の状態)になるまで削ります。

この角度は正確であればそれに越したことはありませんが次のプレーニングフォーム(金属製の削り台)で3つの角を仕上げるので大体の角度でいいと思います。角度チェックはコニカルゲージやプロトラクターでしています。

↓↓↓

バンブーロッド製作工程・荒削り/8

プレーニングフォームを調整して溝の深さを一定にして、テーパのないストレートの状態にします。その後、もう片面を60度に削り出します。それから表皮を平目ヤスリで軽く落とします。この作業で「正三角形」の断面を小割に付けるわけです。

荒削り用鉋である程度「面」が出てきましたらスタンレーNo.60-1/2(「仕上げ削り」で後述)を使って整えて行きます。

荒削りで特に注意する点は、節の部分が盛り上がっているためにその前後が相対的に細く削れてしまうことです。私は台直し鉋(「仕上げ削り」で後述)を使って表面の節の部分を少しずつ削って防いでいます。また、この段階で節前後のねじれを見つける場合がありますがその時はその部分を熱して修正します。

↓↓↓

バンブーロッド製作工程・荒削り/9

6本の三角断面の小割が出来上がりました。2ピースロッドの場合はあと「1セット」が必要です。ここで表皮に接する2つの角を細目のヤスリで軽く引いておきます。これはバインディングする時、角で止め糸(バインディングコード)がきれないようにするためです。

ここでの寸法は仕上がり寸法より大きい(太い)状態です。

↓↓↓


Index - Working Room

  1. スプリッティング
  2. 節合わせ
  3. 節の修正
  4. 荒削り
  5. 焼入れ
  6. 仕上げ削り
  7. 接着
  8. バインディング
  9. ブランク
  10. フェルール取付
  11. ネーム入れ
  12. グリップ
  13. ラッピング
  14. 塗装
  15. リールシート
  16. 付属品の製作

関連するページ:

特集・Bamboo Rod Making

7フィート3インチ・2ティップ・#3番ライン・3ピースのバンブーロッド制作をできるだけ詳細に取りあげています。

  1. スプリッティング - はじめに
  2. スプリッティング - 詳細

Maiking "Sonata" 6' 11" / #3

6フィート11インチ・#3番ラインのモデル:ソナタの製作スナップのアルバムです。

モデル:ソナタの製作スナップの小画像

  1. Making Sonata6113

このぺーじについて

Prime Time Logo