川端下のバス停

a b c h i m n
o s u w y 2 4

川端下のバス停

10月1日、雨の中をバス停に到着。どんぐりがトタン屋根に当たって音を立てます。時々通り過ぎる車の他は「山の音」が聞こえてきますが、ここから先は「町の音」の世界になります。

村落の家々の煙突から立ち上るストーブの煙と少し紅葉している山々を見ながら、バスが来るまでの時間に雨支度を片づけて乾いたシャツに着替えました。

あと20分ほどでバスが来ます。読みかけの、ちょっと湿ってしまった文庫本を読みながら待つことにしました。

-13-